【6月28日終了時点】りんの競馬予想術の統計データ【馬連、馬単、3連系編】

「りんの買い目」統計データ

今日のブログも、「りんの競馬予想術」の統計データをご覧いただきたいと思います。

前回までは、「単勝・複勝」「ワイド馬券」についての統計データを考察してきました。

今回は、「馬連・馬単」と「3連複・3連単」についてのデータを検証します。

なお今回も、

1.ブログ開設時の数値

2.6月28日時点までの通算値

3.偏差値ランキングを改良してからの数値

を併記していきます。

では、ご覧ください。

馬連・馬単の統計データ

「りんの競馬予想術」では、基本的に偏差値ランキングの上位4頭に印を打っています。

では、偏差値ランキング上位4頭で「馬連・馬単」を買った場合、どのような結果になるのか、データを見ていきたいと思います。

馬連・馬単の買い方

「馬連・馬単」の的中率を見る前に、偏差値ランキング上位4頭で、どのような買い方をするか決める必要があります。

そのために、まずは「ランキング別の平均着順」と「単勝」の的中率をご覧ください。

偏差値ランキング
平均着順
CC BY-SA 3.0

平均着順だけ見れば、おおむねランキング順に着順は下がっているので、偏差値ランキング1位の馬を軸にすればよいのかも知れません。

偏差値ランキング
単勝的中率
CC BY-SA 3.0

次に、単勝的中率(=勝率)で見てみると、思いのほかランキング順とはなっていません。

ワイドに関しては、先のブログでお伝えしたように、ランキング1位からの流し馬券で買う優位性が見られました。

しかし、「馬連・馬単」に関しては、偏差値ランキング上位4頭の中から軸馬を選ぶ事は難しいと言えます。

ですので、偏差値ランキング上位4頭での「ボックス買い」で、的中率と回収率を見ていきます。

馬連を4頭でボックス買いした場合の買い目は、6点。

馬単の場合は、12点となります。

馬連・馬単の的中率

では、馬連・馬単を4頭ボックスで買った場合の的中率をご覧ください。

なお、ボックス買いなので、馬連が的中すると自動的に馬単も的中するので、的中率は同じ数字になります。

計算式は、

的中率=(的中したレース数÷予想レース数)

で求めます。

偏差値ランキング
馬連・馬単的中率
CC BY-SA 3.0

的中率は、改良後の数値が際立って見えますが、おおむね3~4レースに1回当たる程度に収まっています。

馬連・馬単の回収率

次に、回収率を見ていただきます。

回収率は、4頭ボックスを100円で均等買いした場合の数値です。

ですので、計算式は

■馬連の場合

回収率=(合計払戻金÷(予想レース数×100×6))

■馬単の場合

回収率=(合計払戻金÷(予想レース数×100×12))

で求めています。

偏差値ランキング
馬連・馬単回収率
CC BY-SA 3.0

ブログ開設時点で、「馬連・馬単」の回収率は期待できないと分かっていましたので、お読みいただいている皆様に「馬連・馬単」をおススメしたことはありませんでした。

しかし、皮肉なことにブログ開設後の回収率は上昇し、改良後の数値にいたっては、

182%

と、非常に優れた成績となりました。

ただ、改良後のサンプル数はまだ少なく、自信をもって皆様におススメできるとは言えません。

今後どう推移していくか、しばらく見守りたいと思います。

その他の注目すべき点として、高配当が期待できる

馬単の回収率が馬連の回収率を下回っている

ことがあげられます。

これは単純な理由で、馬単の場合は買い目が2倍になり、無駄に買い目を増やしているからです。

偏差値ランキングをもとに、確たる根拠をもって1着に固定する馬を指名できれば、回収率は飛躍的に上昇するのですが、それができないのが現状です。

3連複・3連単の統計データ

続いて、3連複・3連単の的中率と回収率を見ていきます。

「馬連・馬単」と同様に、確たる軸馬を指名できないので、偏差値ランキング上位4頭でボックス買いした際の数字となります。

3連複・3連単の的中率

3連複・3連単は、1着~3着を選んだ馬が独占した時に当たる馬券で、的中させることが難しい分、払戻金も高配当になりやすい馬券です。

「りんの競馬予想術」による、偏差値ランキング上位4頭でボックス買いした場合の的中率は、以下の表のようになります。

計算式は、「馬連・馬単」と同じく

的中率=(的中したレース数÷予想レース数)

です。

偏差値ランキング
3連系的中率
CC BY-SA 3.0

ブログ開設時点での的中率は、20%なので5レースに1回的中、その後的中率は下降し、改良後の数値でも12.5%で、8レースに1回当たる確率となっています。

3連複・3連単の回収率

引き続き、回収率を見ていきます。

8レースに1回、高配当を当てられるのなら、回収率は期待できそうですが…

計算式は、4頭ボックスで各100円買った場合なので、

■3連複の場合

回収率=(合計払戻金÷(予想レース数×100×4))

■3連単の場合

回収率=(合計払戻金÷(予想レース数×100×24))

で求めています。

偏差値ランキング
3連系回収率
CC BY-SA 3.0

回収率が100%を超えているのは、ブログ開設時の3連複のみで、その他は軒並みマイナス収支となりました。

このことから「りんの競馬予想術」は、3連系の馬券に

向いていない

ことは明らかです。

ただ3連複に関しては、買い目が4点で済み、場合によっては高配当となる可能性もあります。

資金に余裕があったり、自信のあるレースでは「お遊び」程度に買っても良いかもしれません。

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

馬連・馬単に関しては、しばらく様子を見る必要がありますが、有意性のあるデータが得られました。

逆に、3連系の馬券に関しては、手を出さない方が無難だということも分かりました。

しかし、あくまでも私の目標は「WIN5的中」であり、レース単位での馬券的中は、その過程で得られた「副産物」です。

とはいえ、これまで見てきた「単勝・複勝」「ワイド」に関しては、レース単位でも有用であるとも言えます。

7月最初の週末は、予想を休んでデータの整理と報告に時間を充ててきましたが、今週末からは通常通り予想を再開する予定です。

では、今後ともご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

皆様に馬券の神様が微笑みますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました