【6月28日終了時点】りんの競馬予想術の統計データ【ワイド編】

競馬予想術の統計

さて、今日のブログも前回に引き続き、競馬予想をお休みしてまで統計データをお届けします。

前回は、「単勝」と「複勝」について統計データを考察しました。

今回はワイド馬券に注目し、複数の馬が絡む馬券に「りんの競馬予想術」の偏差値ランキングが、どれくらい「使える」のかを検証したいと思います。

それでは、ご覧くださいませ。

ワイド馬券の統計データ

今回は、ワイド馬券の統計データをご覧いただきたいと思います。

なお、馬券の対象とする馬は、単勝・複勝と同じく偏差値ランキング上位4頭とします。

買い方は、偏差値ランキング上位4頭でのBOX均等買い(=6点買い)です。

また、今回の統計データも、

1.ブログ開設時の数値

2.6月28日時点までの通算値

3.偏差値ランキングを改良してからの数値

を併記していきます。

では、統計データを見ていきます。

ワイドの的中率と回収率

ワイド馬券は、選んだ2頭の馬が1着~3着にきてくれれば的中となる、比較的当てやすい馬券です。

その代わり、馬連や馬単に比べ払戻しは安くなります。

ワイドをメインに買う方もいれば、高配当狙いで3連単を買う際に「保険」的な意味合いで購入する方もいらっしゃると思います。

ワイド馬券を4頭でBOX買いした場合

買い目は6点

考えられる結果は以下の通りです。

①1着~3着までを買った馬が独占する

⇨3点的中

②1着~3着までに、買った馬が2頭くる

⇨1点的中

③1着~3着までに、買った馬が1頭だけ、もしくは1頭もいない

⇨的中なし

⑤3着が同着となったとき、4頭が1着~3着を独占

⇨4点的中

ワイドの的中率をみる場合、表を3つ用意する必要があります。

1.的中率の実戦値

的中率の実戦値は、実際に予想したレースで、偏差値ランキング上位4頭をボックス買いしたとき、的中点数に関わらず当たったか外れたかを指標とします。

実戦値の計算式は

的中率の実戦値(的中レース数÷予想したレース数)×100

で求められます。

2.レース当たりの的中期待値

レース当たりの的中期待値は、文字通り、予想した全てのレースでワイド馬券をボックス買いしたとき、1レース当たりで的中する馬券がどれくらいあるかを求めるものです。

的中期待値の計算式は

的中期待値=(的中点数の合計÷予想レース数)×100

となります。

的中期待値に関しては、誤解を招くおそれがありますので補足説明させていただきます。

ワイド馬券は、先に書いたように、1レースで3点以上の馬券が的中する可能性があります。

つまり、期待値が100%を超えることもあり得るということです。

例をあげると、3レース予想して2レースで3点的中した場合

⇨((3点的中)×2レース)÷3レース)×100

的中期待値=200%

となるわけです。

3.的中率の統計値

的中率の統計値は、購入したワイド馬券1点当たりの的中率です。

また、先に書いたように、ワイド馬券は1レースで1点~4点的中する可能性があります。

ですので、的中率の統計値は、買ったワイド馬券のうち、何点当たったかで求めることになります。

統計値の計算式は

的中率の統計値(的中点数の合計÷(予想レース数×6))×100

で求められます。

では、「りんの競馬予想術」で予想したレースのデータを見ていきます。

ワイド馬券の的中率

まずは、ワイド馬券の的中実戦値を見てみます。

偏差値ランキング
ワイド実戦値
CC BY-SA 3.0

実戦値では、ブログ開設時点の数値が最も高く、残念ながらブログ開設以降数値が下がってしまっています。

しかし、改良後の数値でも50%と、

2レースに1レースは的中

しています。

次に、的中期待値です。

偏差値ランキング
ワイド的中期待値
CC BY-SA 3.0

的中期待値は、ブログ開設時点では100%となっており、期待値上では

確実に当たる

ことになっていましたが、これは偶然でもあり、ある種のトリック的な数値です。

実戦値の表を見ていただければ分かるように、実際は61.9%のレースでしか的中していません。

期待値が100%になったのは、1つのレースで3点的中したレースが複数あり、たまたまブログ開設時に予想したレース数と的中点数が同じだっただけです。

とはいえ、期待値が高いことに越したことはありません。

実際に、ブログ開設以降、数値は下降の一途をたどっており、通算値では61.67%まで下がっています。

改良後は、実戦値の数値は下がっているものの、期待値は向上しているので、偏差値ランキングの改良は功を奏したといえます。

最後に、1点当たりの的中率を表す的中率の統計値を見てみます。

偏差値ランキング
ワイド的中率
CC BY-SA 3.0

1点当たりの的中率は、単純に期待値と比例するので、このような数値となりました。

改良後の数値は12.5%なので、1点買いの場合8レースに1レース的中することになります。

ワイド馬券の回収率

ワイド馬券の回収率は、実戦値でしか求められませんので、表は1つになります。

偏差値ランキング上位4頭でのボックス買いなので、計算式は

回収率=(払戻金の合計÷(予想したレース数×6))×100

で求められます。

では、回収率をご覧ください。

偏差値ランキング
ワイド回収率
CC BY-SA 3.0

見ての通り、ブログ開設時と6月28日までの通算では、マイナス回収となっています。

的中期待値が100%だった、ブログ開設時が最も低い数値となったことは、なんとも皮肉な結果です。

逆に、的中実戦値で最も低い数値(50%)だった、改良後の回収率が、唯一のプラス収支となりました。

つまり、ブログ開設時は、かなりの高確率で的中しているにも関わらずマイナス回収となる

「トリガミ」

だったわけです。

また、改良後の数値はプラス収支となっていますが、今後予想するレースで低配当の的中が続くと、一気に回収率が下がっても不思議ではありません。

改良した偏差値ランキングとはいえ、ベースとなる予想要素はそれほど変えていないので、確率は収束すると考えています。

つまり、現在はたまたまプラス収支ですが、今後はマイナス回収へ近づくことが予測されます。

ワイドをボックス買いするのであれば、

オッズによって資金配分すること

が、唯一マイナス回収を避ける方法と考えられます。

ワイド3点買いでの的中率と回収率

最後に、統計データをまとめている際、面白いデータが出てきたので、ご覧いただきたいと思います。

ここまでは、偏差値ランキング上位4頭のボックス買い、つまり6点買いでの的中率をお伝えしてきました。

ボックス買いのメリットは、レースで上位3着までを偏差値ランキング上位4頭が独占した時、ワイド馬券を

全的中させられる

ことです。

裏を返せば、全的中しても

3点は当たらない

ことがデメリットとも言えます。

このメリットを活かし、デメリットを減らす方法が、データを精査することで見えてきました。

この項のタイトルにあるとおり、

買い目を3点に絞る

方法です。

3点に絞る方法は、2通り考えられます。

1.4頭ボックスから3頭ボックスにする

2.1頭軸の流し馬券にする

ここで思い出していただきたいのが、前回のブログに掲載した複勝的中率の表です。

偏差値ランキング
複勝的中率
CC BY-SA 3.0

注目していただきたいのが、偏差値ランキング1位と4位の複勝的中率の高さです。

(※改良後の1位の的中率は、2位と同率となっていますが、これはサンプル数がまだまだ少ないためであり、今後収束していくと考えています。)

この表を見れば、3頭ボックスで買い目を絞るより、1頭軸流しの方が

確実性がある

ことは、安易に想像できます。

そこで、偏差値ランキング1位の馬を軸に、4位までの馬まで流し買いした際の的中率と回収率をBOX買いの数値と比較してご覧ください。

偏差値ランキング
ワイド実戦値
CC BY-SA 3.0
偏差値ランキング
ワイド1頭軸流し実戦値
CC BY-SA 3.0

実際の的中率(=実戦値)は、買い目が減る分、的中レースも少なくなります。

単純に考えると、買い目が半減する=的中率も半減する(50%減)となるはずなのですが、実際は

■6月28日終了時点

50.82%(6点買い)⇨37.70%(3点買い)

的中率:約25.82%減

■改良後

50%(6点買い)⇨29.17%(3点買い)

的中率40.6%減

と、買い目を半減させても、6月28日時点、改良後の数値の下落率は50%を下回っています。

つまり、的中率の下落が買い目の減少に比例しておらず、

実質的な的中率は上がっている

とも考えることができます。

では、肝心の回収率を見てみます。

偏差値ランキング
ワイド回収率
CC BY-SA 3.0
偏差値ランキング
ワイド1頭軸流し回収率実戦値
CC BY-SA 3.0

見事に、プラス収支となります。

BOX買いでもプラス収支だった改良後の数値も、3.89%向上します。

もちろん、偏差値ランキング1位の馬が馬券圏外に沈み、2位~4位の馬たちで決着するレースもあり、いわゆる「タテ目」で外すレースも増えてしまします。

「タテ目」で外すことは、確かにもったいないことです。

しかし、買い目を半分にし

抑えられた投資額

が、ボックス買いで得られる

払戻金を上回っている

ことは、ゆるぎない事実であり、数値がそのことを証明しています。

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

今回は、馬券をワイドに着目してデータを考察してきましたが、いかがでしたか?

前回の「単勝」「複勝」編では、レース単位で「りんの競馬予想術」の偏差値ランキングを活かすには心もとない数字でしたが、ワイドに関しては買い方次第で

レースに活かせる

数字が出てきました。

しかも、買い目を絞って

当たり馬券を放棄

することが、

回収率の向上

につながるということは、非常に興味深いと思います。

次回は、「馬連、馬単」と「3連複、3連単」について検証する予定です。

では、皆様に馬券の神様が微笑みますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました