【6月28日終了時点】りんの競馬予想術の統計データ【単勝・複勝編】

競馬予想術の統計

今週末は予想活動を休んでいる、管理人のりんです。

休んでいるとはいえ、競馬はもちろん観てますよ。

ただ、馬券は買っていません。

なんでか?

理由は、自分の競馬経験や勘に頼った、根拠のない「当てずっぽう」の馬券に、お金を費やすことが

無駄

だと思っているからです。

そのことは、このあと解説していく「りんの競馬予想術」の統計データを最後までお読みいただければ、分かる方にはわかっていただけるはず…

今回は、「単勝」と「複勝」に関するデータを考察します。

では、いってみましょう。

「りんの競馬予想術」の目標

今回のブログで、はじめて「りんの競馬予想術」をご覧になる方もいると思います。

なので、改めて「りんの競馬予想術」の目標を確認したいと思います。

究極目標は「WIN5」的中

WIN5の過去最高払戻しは

471,809,030円

です。

「超」高配当が期待できるWIN5は、競馬ファンなら一度は当てたい

「夢馬券」

であることは、言わずもがなだと思います。

「りんの競馬予想術」の究極目標は、WIN5の的中です。

さらに言えば、できるだけ少ない買い目で的中させることです。

そこで、WIN5対象レースの勝ち馬を見抜くために編み出されたのが「りんの競馬予想術」の偏差値ランキングです。

偏差値ランキングの統計データ

ここからは、「りんの競馬予想術」で用いている「偏差値ランキング」の統計データを公開していきます。

当ブログは、2020年の5月19日に開設し、5月23日より毎週予想を公開してきました。

そして、毎週の予想と実際のレース結果をすり合わせ、必要に応じて「偏差値ランキング」の算出方法を調整しています。

偏差値ランキングの微調整は、ほぼ毎週といって良いほどおこなっていますが、実はとあるタイミングで

大幅な調整

をおこない、改良を施しました。

そこで今回は、統計データを比較しやすいように、

①ブログ開設時までの統計データ

②ブログ開設前も含めた、6月28日までの通算データ

③改良後の統計データ

を併記します。

偏差値ランキング上位馬の統計データ【単勝・複勝編】

「りんの競馬予想術」では、偏差値ランキング上位4頭の勝率が高い事に注目しており、現在でもそのスタンスは変わっていません。

ですので、偏差値ランキング上位馬=ランキング上位4頭とみなします。

ここからは、偏差値ランキング上位4頭の「単勝」「複勝」での統計データを公開させていただきます。

ランキング上位4頭の平均人気

まずは、偏差値ランキング上位4頭の平均人気から見ていきます。

ちなみに、偏差値ランキングの算出要素に「人気」は取り入れていません。

しかし、「人気が高い馬ほど勝率が高い」ことは事実です。

つまり、予想が実際の人気からかけ離れていると、その予想は「的外れ」だとも言えます。

偏差値ランキング
平均人気
CC BY-SA 3.0

偏差値ランキング上位馬の平均人気は、ブログ開設時、6月28日までの通算とも、ランキングが下がるにつれて人気も低くなっています。

また、改良後のデータでも、ランキング順ではないものの、近似値を示しています。

改良後のデータで、ランキング順に人気が下がっていない理由は、まだサンプル数が少ないためだと考えられます。

今後、予想レース数が増えていけば、おそらく人気順になると考えています。

ランキング上位4頭の平均着順

では次に、肝心の着順を見ていきます。

いくら人気に沿った予想をしていても、結果が伴わなければ意味がありませんからね。

偏差値ランキング
平均着順
CC BY-SA 3.0

皮肉なことに、ブログ開設時のデータが最も堅実な数値となり、改良後のデータが最も悪い数値になっています。

とは言え、平均値で見ればブログ開設時との差は0.82着差で、許容できる誤差の範囲内だと考えています。

言い訳がましく聞こえるかも知れませんが、見方を変えれば、偏差値ランキング上位4頭は、平均するとレースで上位6着以内に来ているとも言えます。

ランキング上位4頭の単勝的中率

「りんの競馬予想術」は、目標を「WIN5的中」としているので、単勝の的中率の向上に最も重きを置いています。

偏差値ランキング
単勝的中率
CC BY-SA 3.0

平均単勝的中率は、残念ながらブログ開設時の80%から大きく下がる結果となってしまいました。

「WIN5的中」を目指している身として、この点は今後の課題と言えます。

ランキング上位4頭の単勝回収率

では次に、単勝回収率を見てみます。

偏差値ランキング
単勝回収率
CC BY-SA 3.0

注目すべき点は、改良後のランキング1位の馬が、先に見た単勝的中率(=勝率)8.33%と低い数値にも関わらず、回収率が150%と抜けた数値になっていることです。

つまり、ランキング1位に評価した馬が、人気薄でも勝利しているということの裏付けと言えます。

これは、レース単位でランキング1位の単勝を買う大きな根拠になります。

さらに言えば、仮にランキング1位の組み合わせでWIN5が的中した時、人気薄での決着となる可能性が高く、高配当を積極的に狙うことができるとも考えられます。

ランキング上位4頭の複勝的中率

先の「ランキング上位4頭の平均着順」の項目で、ランキング上位馬が概ね6着以内にきていることに触れました。

しかし、ランキング上位馬がすべて6着以内にきていても、その着順が3着~6着ではレース単位で馬券に活かすことはできません。

ここでは、ランキング上位馬がどれだけ馬券に絡んでいるかを複勝的中率で見ることで、確認したいと思います。

偏差値ランキング
複勝的中率
CC BY-SA 3.0

ランキング順位ごとの的中率も重要ですが、ここでは平均的中率に注目していきます。

平均的中率の考え方は、少々ややこしいので説明させていただきます。

複勝の平均的中率は、ランキング上位4頭の複勝をすべて買った場合、3着以内に何頭きているかを示しています。

実質的には、ランキング上位4頭の複勝的中率の合計なので「合計的中率でも良いのでは?」と思われるかも知れません。

確かに「合計的中率」でも間違いではないのですが、ランキングごとの的中率が複数のレース(実際には通算100レース以上)の平均値なので、正確には「平均的中率の合計値」となります。

そこで、複勝を4点買いした場合、考えられる可能性と的中率を確認します。

①4頭のうち3頭が、1着~3着までを独占

⇨3点的中で300%

②4頭のうち2頭が、1着~3着までにくる

⇨2点的中で200%

③4頭のうち1頭が、1着~3着までにくる

⇨1点的中で100%

④4頭のうち、1頭も3着までにこない

⇨的中なしで0%

⑤3着が同着となったとき、4頭が1着~3着を独占

⇨4点的中で400%

となります。

1頭も3着以内にこない場合もあれば、逆に3着までを独占することもあります。

なので、予想したすべてのレースの平均値をお伝えするには、「平均的中率」という表現が正しいと考えます。

このことをふまえた上で、もう一度表を見てみます。

偏差値ランキング
複勝的中率
CC BY-SA 3.0

6月28日までの通算データが、平均的中率150%とキリのよい数字なので、これを例にすると

平均的中率=150%

⇨ランキング上位4頭の馬が、平均して3着までに1.5頭きている

という意味になります。

複勝の平均的中率は、ブログ開設時が175%、次いで改良後の158.33%となっています。

6月28日までの通算データが、ブログ開設時の175%から150%まで下降しているので、改良版への移行は功を奏したと考えています。

ランキング上位4頭の複勝回収率

複勝という馬券は、狙った馬が3着までにくれば的中となるので、最も当てやすい馬券といえます。

その分、複勝の払戻し金は安いのですが、確実に当てることさえできれば、馬券の購入を「投資」と考えている方にとって、非常に重宝される種類の馬券です。

偏差値ランキングを参考に、複勝を主に狙う場合には、的中率と回収率を併せて見る方が有効だと思いますので、再度、複勝的中率の表を掲載します。

偏差値ランキング
複勝的中率
CC BY-SA 3.0

偏差値ランキング
複勝回収率
CC BY-SA 3.0

複勝を買う目的が、なるべく「確実」に的中させて、プラス回収にすることであれば、一目瞭然ですね。

改良後のランキング4位の馬が、2回に1回の割合で3着までにきており、回収率も139.58%とプラス回収となっています。

ちなみに、改良後の上位4頭の複勝回収率は、すべて80%を超えています。

JRAの複勝払戻率は80%なので、改良後の偏差値ランキングの予想精度は、信用に足るものだと考えています。

ただ、改良後のサンプル数はまだ多いとは言えず、しばらく様子を見たいところでもあります。

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

単勝の的中率が下がってしまっていることは、「WIN5的中」という大きな目標から遠ざかっているのかも知れません。

しかし改良後、偏差値ランキング上位2頭の単勝の回収率が高いことから、一筋の光明も見えてきました。

また、複勝の的中率と回収率に関しては、なかなか見どころのある内容だと思います。

ただ、これだけではレース単位での馬券に活かすという意味では物足りないとも感じています。

次回は、ワイド馬券について、データを検証したいと思います。

どんなデータが出てくるのやら…

乞うご期待です!

では、皆様に馬券の神様が微笑みますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました