【JRA】先週の中央競馬レース回顧【宝塚記念】【WIN5】

レース回顧 2020.6.27.28 レース回顧

今日のブログでは、先週末にJRAでおこなわれたレースのうち、事前に「りんの競馬予想術」で「偏差値ランキング」を公開していたレース結果を回顧します。

先週の中央競馬で、予想を公開したレースは

■6月27日(土)

  • 阪神11R 水無月ステークス
  • 東京11R アハルテケステークス

■6月28日(日)

  • 東京10R 江の島ステークス
  • 阪神10R 花のみちステークス
  • 函館11R 大沼ステークス
  • 東京10R パラダイスステークス
  • 阪神11R 宝塚記念(GⅠ)

以上の7レースでした。

では、ご覧ください。

6月27日(土)の結果

6月27日(土)は、急遽予想を変更して、予想をブログで公開させていただきました。

いささか、急仕上げな予想でしたが、結果は…

水無月Sの結果

2020水無月ステークス結果
「りんの競馬予想術」オリジナル
CC BY-SA 3.0

水無月ステークスは、最終オッズで6頭が10倍を切る、超混戦ムードでした。

レースは、⑥アサケパワーが前半600mを33.9秒で飛ばしていき、直線では先行勢から伸びた馬たちの叩きあいになり、

②ブライティアレディ

が、頭ひとつ抜けたところがゴール。

勝ちタイムは、1分9秒1でした。

2着に14番人気の⑯フェルトベルク、3着は7番人気⑤アカネサスで決まりました。

中団以降でレースを進めた馬たちは、ハイペースを追走することでなし崩し的に脚を使うハメに。

水無月ステークスは、結果的に

行った行ったの競馬

となり、いかにも阪神内回りの荒れるパターンでしたね。

払戻しは、2着が14番人気の馬だったことで

馬連:44,010円

3連単:1,197,680円

と、大荒れとなりました。

私が上位評価した馬たちは、軒並み馬券圏外に…

アハルテケSの結果

2020アハルテケステークス結果
「りんの競馬予想術」オリジナル
CC BY-SA 3.0

土曜日の東京11Rは、アハルテケステークスでした。

レースは、スタートで1番人気の④レピアーウィットが大きく出遅れ、不穏な空気に…

逃げると予想していた⑬スマハマが控え、③トゥザクラウンがハナを切るカタチになりました。

結果、前半600mが35.7秒と、オープン特別としてはスローペースでレースは進みます。

直線では、◎評価の⑫バレッティが、抜群の手ごたえのまま前に並んでいき、残り200m付近で満を持して追い出し抜け出しを図るところを、馬群をさばき最内を突いた

②アシャカトブ

が差し切ったところでゴール。

なお、ゴール直後に

アシャカトブが躓いて転倒

するアクシデントがありましたが、人馬とも無事とのことで、ホッとしました。

本命視していたバレッティに関しては、横山典弘ジョッキーも思い通りの競馬ができたと思いますが、

戸崎圭太ジョッキーのイン強襲

に屈してしまいました。

残念…

土曜日の東西メインレースは、位置や進路取りといった

ジョッキーの判断ひとつで結果が変わったんじゃないかな?」

という印象です。

6月28日(日)の結果

さて、気を取り直して日曜日のレース回顧です。

今週こそ、WIN5的中なったのでしょうか?

江の島Sの競馬

2020江の島ステークス結果
「りんの競馬予想術」オリジナル
CC BY-SA 3.0

江の島ステークスは、梅雨時期らしく不良馬場でのレースとなりました。

1番人気は、②ニシノカツナリ。

ニシノカツナリは、先々週のエプソムカップで2番人気に支持されたピースワンパラディ相手に、前走の湘南ステークスで差のない競馬をしていたことが評価されていました。

私も、道悪適正を加味して◎評価としていましたが、馬場に脚を取られたのか、追走に手一杯の様子でした。

レースは、外枠から先行し、終始芝の痛みが少ない位置取でレースを進めた

⑬ボッケリーニ

が、逃げ粘る⑨ロザムールを捉えて1着。

上位にきた馬は、直線で馬場の真ん中より外を伸びてきていたので、ここまでの不良馬場になると、外枠の方が得てして有利だったのかも知れません。

私のWIN5は、◎の組み合わせ1点勝負だったので、

あっけなく終了…

花のみちSの結果

2020花のみちステークス結果
「りんの競馬予想術」オリジナル
CC BY-SA 3.0

今開催の阪神競馬場も、不安定なお天気のもとでおこなわれましたが、芝コースはお昼ごろに良馬場まで回復しました。

しかし、ダートコースは芝ほど回復せずに、重馬場の発表。

そんな中で、WIN5の2レース目、阪神10R花のみちステークスはおこなわれました。

レースで逃げたのは、スタートを決めた⑦ボードウォーク。

2番手に②クリノフラッシュが続き、前半1000m通過は61.6秒のミドルペースに。

先頭でゴールを駆け抜けたのは、好スタートからスッと良い位置を取り、3番手から楽に抜け出した

⑤ハギノアトラス

でした。

勝ったハギノアトラス以外で、馬券に絡んだ馬たちは、いずれも後方からレースを進めており、時計以上に先行馬には苦しいレースだったようです。

特に、ややスタートで出遅れた⑪シホノフォルテなどは、位置を取りに行く際に脚を使ってしまい、3コーナーあたりで手ごたえが怪しくなっていました。

大沼Sの結果

2020大沼ステークス結果
「りんの競馬予想術」オリジナル
CC BY-SA 3.0

大沼ステークスがおこなわれた函館競馬場も、今開催は雨模様で、ダートコースは不良馬場での競馬となりました。

1番人気は、交流重賞「佐賀記念」勝ちの実績馬、④ナムラカメタローでした。

レースは、⑧リアンヴェリテがマイペースで逃げ、直線粘り込みを図りますが、後方から

⑬ダンツゴウユウ

が一気の差し脚を繰り出し、1着でゴール。

3着には、長期休み明けの⑭ハイランドピークが入りました。

ここにきて、ようやく偏差値ランキング上位馬での決着となり、胸をなでおろしたところです。

よかった。

パラダイスSの結果

2020パラダイスステークス結果
「りんの競馬予想術」オリジナル
CC BY-SA 3.0

パラダイスステークスも、引き続き不良馬場での一戦となりました。

レースでは、⑫グランドロワが前半600mを34.5秒のハイペースの逃げを打ちました。

このペースは、馬場状態を考えると「超」のつくハイペースだったと思います。

直線では、馬場の真ん中を伸びてきた⑤レインボーフラッグを

①アルーシャ

が、更に大外から差し切ってゴール。

3着には、ハイペースの中を好位でレースを進め、直線でしぶとい粘り腰を見せた、1番人気の⑥ストーミーシーがハナ差しのいで決着しました。

宝塚記念(GⅠ)の結果

2020宝塚記念結果
「りんの競馬予想術」オリジナル
CC BY-SA 3.0

先週末のメインは、上半期の総決算

「宝塚記念(GⅠ)」

でした。

お昼過ぎには、良馬場まで回復していた阪神競馬場の芝コースですが、3時ごろにスコールのような大雨が降り、一転して稍重の馬場コンディションに。

レース展開は、陣営が「逃げ宣言」ともとれるコメントを出していた、

④アフリカンゴールド

⑬ダンビュライト

ではなく、⑥トーセンスーリヤが逃げて、前半1000mを60秒で引っ張りました。

何のための「逃げ宣言」やねん!

個人的には、⑦ワグネリアンが2番手でレースを進めたことの方が驚きでしたが。

レース結果は、皆さんご存知のように、

⑯クロノジェネシス

が、抑えきれない手ごたえで4コーナーから進出し、2着の⑭キセキに6馬身もの差をつけ

圧勝!

3着には、12番人気の⑫モズベッロが追い込み、2番人気が勝利したにもかかわらず、3連単の払戻しは

183,870円

と、なかなかの波乱になりました。

私が高評価した馬は、道悪適正と武豊ジョッキーの継続騎乗で、☆評価したキセキが2着になったのみで、他は軒並み馬群に沈みました。

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

自分で言うのもなんですが、この「レース回顧」ブログは、あまり多くの方に読んでいただいているとは言えません。

毎週、予想したレースを回顧していますが、実は私自身の備忘録的な意味合いで書かせていただいています。

だって、レース結果だけなら、JRAのホームページをはじめ、競馬関係各紙や競馬サイトで見ることができますからね。

何なら、レース回顧をアップするタイミングも、私のブログでは遅すぎます。

アクセス数を稼ぐことが目的なら、レース直後に速報で出さなければ、新鮮さもありませんからね。

それでも、「りんの競馬予想術」では、レース回顧を続いています。

取れたはずの馬券を買えなかった理由、買わなければよかった馬券の理由etc…

自分の予想とレース結果を顧みることで、得られる情報もあります。

また、レース回顧を書いているときにこそ、ひらめく発想もあるんです。

何事も、トライ&エラーです。

では、今日はこのあたりで失礼いたします。

皆様に馬券の神様が微笑みますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました