2020年5月17日(日)の予想と結果

2020年ヴィクトリアマイル週レース回顧と予想結果 予想結果

はじめまして&こんにちは。

管理人のりんと申します。

目標はブログタイトルの通り、「WIN5」的中でウハウハすることです。

先日のヴィクトリアマイルでは、アーモンドアイが貫録をみせつけてくれましたね!

ほぼ持ったまんまの楽勝劇は、近年のGⅠではなかなか見られませんので、感動すら覚えました。

そんな5月17日のWIN5対象レースの予想と結果をまとめてみましたので、ぜひご覧ください。

5月17日のWIN5対象レース

5月17日のWIN5対象レースは…

WIN1:渡月橋ステークス

WIN2:青竜ステークス

WIN3:八海山ステークス

WIN4:栗東ステークス

WIN5:ヴィクトリアマイル

でした。

結論から申し上げますと、WIN5的中はなりませんでした…

ここからは、各レースの私の予想と実際の着順をご覧ください。

買い目は、WIN5は◎のみの組み合わせ1点勝負。

レースごとでは、印のついている馬の単複と馬連、3連単BOXで、合計38通り購入です。

1.京都10R 渡月橋ステークス

渡月橋ステークスは、京都の芝1400m(外回り)4歳以上3勝クラスの一戦でした。

私の予想と結果はご覧の通り。

枠・馬名偏差値人気結果
⑨アクアミラビリス7017着
⑩インスピレーション6895着
⑭トウカイオラージュ59712着
⑫オールザゴー57514着
⑧ジュランビル5463着
④フォックスクリーク5136着
⑮シトラスノート50211着
⑤スイーズドリームス4942着
⑥アンリミット4981着
①コンパウンダー48104着
③スピリットワンベル471310着
②デスティニーソング46159着
⑦タマモメイトウ41128着
⑬メリーメーキング361412着
⑪ナムラムツゴロー321115着

レースは、休み明けで一息入った⑥アンリミット(8番人気)が、城戸ジョッキーの手綱でマイペースの逃げに持込み、2着に1馬身3/4差の快勝!

2着は、後方待機策の⑤スイーズドリームス(4番人気)、3着は2番手追走から粘り込んだ⑧ジュランビル(6番人気)で、馬連5,130円、3連単96,680円と、そこそこの高配当となりました。

私の予想は、、、、、惨敗です。

かすってもいません。

ブログ一発目の結果がこれじゃイカンと思いましたが、うそを書いても仕方がないので正直に載せてます。

表をご覧になって「偏差値とは何だ?」と思われた方もいらっしゃると思いますが、「偏差値」は、私独自の予想理論に基づきはじき出された数字です。

詳しくはこちらのページで解説しているので、よろしければご覧ください。

2.東京10R 青竜ステークス

さて、気を取り直して次のレースです。

もうWIN5の的中は無くなったので、気楽なもんです。

青竜ステークスは、東京ダート1600m、3歳オープンクラスの一戦です。

私の予想と結果はご覧の通り。

枠・馬名偏差値人気結果
③ダノンファスト7522着
⑨フルデプスリーダー6555着
⑪タガノビューティー6113着
⑬デュードヴァン5741着
①フォーテ5277着
⑥プロヴィデンス511312着
⑭ショウナンナデシコ4964着
⑦ムーランアンディゴ48128着
⑩シェダル4838着
④コパシーナ471414着
⑫イモータルスモーク461010着
⑮アウトウッズ4499着
⑤ペールエール43815着
⑧ヘイセイメジャー371511着
②アフィラトゥーラ361413着

スタートでやや立ち遅れた◎③ダノンファスト(2番人気)が、横山典弘ジョッキーの流石の手綱さばきで一度は先頭に躍り出たものの、追い出しを我慢していた★⑬デュードヴァン(4番人気)がクビほど差し切ったところでゴール。大外から懸命に追い込んだ▲⑪タガノビューティー(1番人気)は、何とか4着馬にハナ差で3着を死守しました。

1~3着を★◎▲が占め、予想的中!

払戻しは、単勝790円、馬連1,870円、3連単11,140円と、人気どころで決まった割には高配当といえるのではないでしょうか。

展開的にはヒヤヒヤものでしたが、こういうレースは見てるだけでもアツくなれますね。

馬券を買っていればなおさらです。

うん。マヂで当たって良かった…

3.新潟11R 八海山ステークス

馬券的中で気分は上々( ̄▽ ̄)

レースはトントン拍子で進んで、続いては新潟メインの八海山ステークス。

3勝クラスのダート1200戦です。

5番人気までが単勝オッズ10倍以下と、なかなかの混戦模様。

予想と結果は以下のとおりです。

枠・馬名偏差値人気結果
③オンザロックス6632着
④マラードザレコード6643着
⑪スズカグラーテ58105着
⑤エルモンストロ5711着
⑥シアーライン57915着
⑧アスタースウィング551114着
⑨ヴォーガ55713着
②レシプロケイト5424着
⑫ウォータースペース4856着
⑬メイショウマトイ461310着
①アカネサス4389着
⑦メイショウギガース42128着
⑩スズノウメ4267着
⑭ミスズフリオーソ371412着
⑮ベルメスメラルダ311511着

レースは先行馬が揃ったことで、前半の600mが33.3秒とハイペースに。

直線に入ると、逃げた〇④マラードザレコード(4番人気)が懸命に粘るところを後方からレースを進めた★⑤エルモンストロが差し切り、◎③オンザロックスが2番手に上がったところでゴール。

このレースも1~3着に★◎〇の順で確定し、2レース連続フル的中!

ただ、3着と4着がハナ差の接戦だったので、ストップモーションが映し出されるまではヒヤヒヤでした。

払戻しは、1番人気→3番人気→4番人気と堅い決着にも関わらず、馬連1,310円、3連単12,000円となかなかの配当に。

ちなみにこのレースは、偏差値4番手評価に2頭並んでいて、どちらを買うか迷いましたが、私の予想術に使っているファクターで★⑤エルモンストロの能力が上回っていると判断し、⑥シアーライン(7番人気、15着)を切る事ができました。

結果オーライ!

4.京都11R 栗東ステークス

続いて京都のメインレース、栗東ステークスです。

リステッド競争のハンデ戦、コースはダートの1400mです。

オープンクラスの短距離ダートの実力馬がそろった感じですね。しかも多頭数のハンデ戦ときたら、嫌な予感がプンプンします。

では予想と結果をご覧ください。

枠・馬名偏差値人気結果
③サクセスエナジー7611着
⑤ダノンフェイス6259着
⑥レピアーウィット6032着
⑮ファッショニスタ5923着
⑦マルカソレイユ5597着
④ダイメイフジ52414着
⑩タマモカトレア52125着
⑪ジョルジュサンク49166着
⑯ヒザクリゲ491513着
⑧ドンフォルティス46815着
⑬ドライヴナイト46118着
⑨メイショウアリソン451016着
①ドリュウ44610着
⑭アードラー4074着
⑫サングラス381311着
②ヨシオ351412着

レースは、1番人気の◎③サクセスエナジー(1番人気)が前半600mを33.8秒のハイペースで強引に先行し、他の馬に脚を使わせる形に持込んで、逃げ切り勝ち。

2、3着馬も3番手でレースを運んだ▲⑥レピアーウィット(3番人気)と★⑮ファッショニスタ(2番人気)で決まり、結果的に行った行ったの競馬となりました。

このレースも◎▲★で、大的中!

馬連が1,240円、3連単は8,780円の払戻しで、まあまあ堅い決着と言えますね。

これで気分よくGⅠヴィクトリアマイルを観る事ができます。

5.東京11R 第15回ヴィクトリアマイル GⅠ

今年のヴィクトリアマイルは、何といってもアーモンドアイが参戦してきたことに尽きます。

アーモンドアイについては、言わずもがなの実績ですが、前走の有馬記念9着の後にドバイのレースが新型コロナの影響で中止になるなど、不安要素もありました。

さらに言えば、ヴィクトリアマイルは荒れるGⅠの代名詞的なレースとあって、ライバル馬も虎視眈々といった感じでしたね。

それでは私の予想と結果をご覧ください。

枠・馬名偏差値人気結果
⑫アーモンドアイ7211着
⑯ノームコア6753着
①ラヴズオンリーユー6237着
⑭スカーレットカラー59715着
⑤プリモシーン5628着
⑬トロワゼトワル51124着
⑰コントラチェック51814着
⑱サウンドキアラ5042着
⑪サトノガーネット491613着
⑮アルーシャ491511着
②ビーチサンバ4899着
⑦ダノンファンタジー4865着
③シャドウディーヴァ451010着
⑥トーセンブレス441312着
④シゲルピンクダイヤ42116着
⑩メジェールスー351416着
※⑧ディメンシオン⑨セラピアは出走取消し

レースは人気薄の⑬トロワゼトワル(12番人気)が単騎で引っ張る展開で、ペースは前半800mが45.6秒と、時計だけ見るとハイペース。

注目の◎⑫アーモンドアイは、道中4番手で折合いに専念し、直線では持ったままの手ごたえで楽々先頭に立ち、上がり3ハロンを32.9秒の末脚で後続を突き放して完勝!

2着には3番手追走と積極策に出た⑱サウンドキアラ(4番人気)が、3着は逃げ粘る⑬トロワゼトワルをゴール前でとらえた〇⑯ノームコアが昨年覇者の意地を見せて入着。

馬券的には馬連750円、3連単7,340円の払戻しとなり、圧倒的1番人気が勝ったにしては、まずまずの配当でしたね。

私の予想は、アーモンドアイの単複と、ノームコアの複勝のみの的中で、レース単位ではボロ負けの結果に…

レース内容ももちろんですが、勝利ジョッキーインタビューで、ルメール騎手が「コウセイ・ミウラに感謝します」と、美浦トレセンでずっと調教をつけてくれていた三浦皇成ジョッキーにお礼を言ったことが、個人的には印象的でした。

5月17日のまとめ

まずは、最後までお読みいただきありがとうございます。

今週は予想がハマり、見事3レースで全ての馬券が的中しました。

回収率を計算してみましたが、投資が1レースあたり3,800円で合計19,000円、払戻金の合計が39,830円なので約209.6%となりました。

ただ、今開催は当たりすぎたことも事実です。

この予想術を始めてから、全てではありませんが、データとして残しているものの統計をこちらのページでご紹介しておりますので、ぜひ見ていただければと思います。

皆様に馬券の神様が微笑みますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました