オークス(GⅠ) 2020予想特集

2020年オークス予想特集 競馬予想

こんばんは。

管理人のりんです。

このページでは、5月24日(日)におこなわれる、オークス(GⅠ)に焦点を当てて勝馬を予想していきます。

のちほどアップするこちらのページでは、オークスを含めたWIN5対象レースの予想を公開していますので、オークス以外も楽しみたい方はぜひご覧ください。

では、張り切っていきましょう!

オークスとは?

オークスの正式なレース名は優駿牝馬で、牝馬クラシック3冠レースの2レース目にあたります。

ダービーは、3歳牡馬の頂点を決めるレースですが、オークスは3歳牝馬の頂点を決めるレースと言えます。

戦いの舞台は東京競馬場の2400mで、牝馬クラシック1冠目の桜花賞から実に800mの距離延長となります。

3歳のレース番組は、オークスが開催される時期までに2400mのレース自体が少なく、毎年のように出走馬のほとんどが未経験の距離に挑戦する、過酷なレースです。

オークスの注目馬

牝馬のクラシックレースは、桜花賞(阪神芝1600m)、オークス(東京芝2400m)、そして夏をはさんで秋華賞(京都芝2000m)で争われます。

ここでは、1冠目の桜花賞を制したデアリングタクトをはじめ、オークスに出走する注目馬を過去のレースとともに紹介していきます。

デアリングタクト

デアリングタクトは、1冠目の桜花賞を無敗で制しました。

桜花賞は、雨が降る中、重馬場の非常にタフなコンディションでおこなわれました。

レースは、先行策で2歳牝馬女王のレシステンシアが押し切りをはかるも、後方待機策のデアリングタクトが外から一気に差し切って勝利。

逃げたスマイルカナが3着に粘ったように、先行有利の舞台の中で、デアリングタクトの強さが際立つレースでした。

桜花賞後には、デアリングタクト陣営がダービー参戦をほのめかすほどで、一気の距離延長も意に介していない印象です。

主戦騎手の松山弘平ジョッキーも、今年に入ってから非常に好調で、人馬ともに注目されています。

おそらく、オークス当日も圧倒的な1番人気に支持されると思います。

デゼル

デゼルは、デビュー戦が今年の3月と、クラシックを狙う馬としては遅いデビューですが、格上挑戦で参戦したスイートピーステークスを完勝し、一躍注目馬の1頭となりました。

デゼルの父は、歴史的名馬のディープインパクト、母のアヴニールセルタンもフランスオークスを含むGⅠ2勝をあげており、血統面からも支持を集めています。

鞍上には、前走に引き続き短期免許で来日していいるダミアン・レーン騎手を配し、打倒デアリングタクトを目論んでいます。

懸念材料は、スイートピーステークスから中2週と短く、再度の関東遠征で好調を維持できるかといったところですね。

クラヴァシュドール

クラヴァシュドールは、前走の桜花賞で4着と、デビュー以来はじめて馬券圏外の結果に終わりました。

とはいえ、デビュー以来ハイレベルなレースで安定した成績を残していること、父がハーツクライ(有馬記念でディープインパクトに勝利)ということもあり、注目の1頭として取り上げました。

ただし、1勝馬がオークスを制覇したのは、1995年のダンスパートナーまで実に25年さかのぼることになり、過去データ派の方たちにとっては懸念材料と言えます。

ミヤマザクラ

ミヤマザクラは、前走の桜花賞を7番人気で5着と健闘しました。

オークスでは、鞍上が武豊ジョッキーに乗り替わり、「豊マジック」での大逆転を狙います。

クイーンカップを勝っているので、東京コースも得意と思われ、2400mの距離をこなすことができればいいレースを見せてくれるかも知れません。

「りんの競馬予想術」によるランキング

ここからは、オークス出走全馬を「りんの競馬予想術」で分析し、算出された数値を「偏差値」でランキングしていきます。

そして、勝利期待度が高い、ランキング上位4頭を解説していきます。

オークス出走馬 偏差値ランキング

2020オークス偏差値ランキング

「りんの競馬予想術」の偏差値ランキングは、表のように…

◎④デアリングタクト

〇⑱サンクテュエール

▲⑤ホウオウピースフル

★⑯ウインマリリン

上記の4頭を推していきます!

なお、4位は同率で⑩ミヤマザクラが並びましたが、偏差値化する前の数値で⑯ウインマリリンが上回っていましたので、印はウインマリリンに打ちました。

また、注目馬で挙げた①デゼルは、以外にも最下位に沈んでいます。

低評価となった主な理由は…

・前走のスイートピーステークス勝ちを、それほど高く評価できない

・さらに距離が伸びる2400mでは、現時点では能力不足

といったところです。

では、上位4頭を詳しく見ていきます。

◎デアリングタクト

本命は、デアリングタクトとなりました。

理由は、桜花賞の勝ち方が優秀であること、オークスの距離2400mへの適性が出走馬の中で最も高いことです。

偏差値ランキングでも、抜けて高い数値となっており、文句なく本命とします。

〇サンクテュエール

対抗は、サンクテュエールとしました。

前走の桜花賞は、3番人気で6着となり人気を落としそうですが、牡馬相手に強い勝ち方をした2走前のシンザン記念勝利を高く評価してのものです。

能力的にも早咲きのタイプで、この時期なら上位で通用しても不思議はありませんし、良馬場の方が良さが活きると見ています。

大外枠に入ってしまったことは、確かに懸念材料ですが、鞍上のルメール騎手の手綱さばきに期待します。

▲ホウオウピースフル

3番手評価は、ホウオウピースフルとしました。

前走のフローラステークスでは、ウインマリリンにタイム差なしの2着で、2400mの距離もデアリングタクトに次いで適性が高いと判断しました。

隣の枠にデアリングタクトがいるため、相手の出方を見てレースを進められることも強調材料ですね。

しばらくGⅠタイトルに手が届いていませんが、内田博幸ジョッキーの強気の競馬にも期待しています。

★ウインマリリン

4番手は、ウインマリリンです。

先ほど書いたように、5番手評価のミヤマザクラとは僅差ですが、数値で上回っているので4番手評価とします。

横山武史ジョッキーから、お父さんの横山典弘ジョッキーへ乗替わりますが、ここは鞍上強化と判断しています。

ちなみに、横山典弘ジョッキー以外への乗替わりなら、ミヤマザクラを4番手評価とする可能性もありました。

買い目について

肝心の買い目ですが、今回も単勝勝負といきたいのは山々ですが、あまりにもデアリングタクトに人気が集中すると配当的に旨味が無いので、工夫が必要ですね。

予算に余裕があれば、強気にデアリングタクトへ配分し、2~4番手評価の単勝を押さえていきたいと思います。

デアリングタクトが負けるようなら、馬単や3連単の2着固定が配当的にはオイシイと思いますが、あまり買い目を増やすと外れた時の負けが大きいので…

単勝に旨味がないといっても、デアリングタクトが馬券圏内を外すことは考えずらいので、「りんの競馬予想術」で回収率が優秀な3連複4頭ボックスなら、買い目は4点で済みます。

今日(5月23日)の予想が、ことごとくハズレてしまったので、もしかしたら馬券を買わずに、見に回ることも考えています。

WIN5は、買いますけどね!

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

今回は、オークスを「りんの競馬予想術」で深掘りしてみましたが、いかがだったでしょうか。

個人的には、デアリングタクトがあっさり2冠達成という結論になりましたが、競馬に絶対はありません。

とにもかくにも、オークスの発走がますます楽しみになりました。

次のブログでは、WIN5対象レース全ての予想をアップする予定です。

では、皆様に馬券の神様が微笑みますように。

※本サイトは閲覧者様に対する情報の提供を目的としており、勝馬投票券の購入などをするか否かは、自己責任にてお願いいたします。詳しくは免責事項をご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました